喜寿祝いの祝い方

喜寿祝いとは

喜寿祝いとは数え年で77歳の長寿のお祝いです。

喜寿の由来は「喜」の字が草書体で七十七、と読めるところから来たものです。

 

還暦祝い以外は長寿祝いは数え年でお祝いします。

これは昔は60歳まで存命するのは非常に稀なことだった為であると考えられているようです。

 

現代では還暦祝いの場合、60歳ではまだ現役の方も多く、長寿といってもピンと来ない方も多いのでは。従って家族でお祝いしてあげるというのは70歳、つまり古希の祝いくらいからが一般的かもしれません。

 

喜寿の祝いは男性にとっては平均寿命を過ぎる頃ですし、長寿を祝う側も、祝われる方も感慨深いタイミングではないでしょうか。心のこもった御家族ならではの方法で長寿をお祝いして差し上げたいですね。

 

ご参考迄に長寿の祝いとは、還暦祝いが数え61才、古希の祝い 数え70才、喜寿の祝い 数え77才 、傘寿の祝い 数え80才 、米寿の祝い 数え88才、卒寿の祝 い 数え90才 、白寿の祝い 数え99才、紀寿の祝い、 数え100才 です

喜寿祝いのしきたり

還暦祝いには赤いちゃんちゃんこを贈るしきたりがありますが、喜寿祝いの場合、色は赤ではなくて、紫です。

 

喜寿は男性の場合平均寿命くらいですし、無事に長生きできた幸せを家族みんなでお祝いするのにふさわしい年齢ですね。

 

ただ、主役はあくまでも本人、場所や食事内容、贈り物など、喜寿を迎えた本人の意思を尊重してあげたいものです。

 

きまりやしきたりに縛られて形式ばるよりも、御家族ならではのオリジナルな長寿祝いが何より喜ばれるのではないでしょうか。

喜寿の祝宴に招待されたら

喜寿祝の会に招待されお祝いを包んでいく場合、表書きは「長寿御祝」 「寿福」「祝喜寿」等とします。

 

喜寿祝い当日に参加せずに、品物を贈る場合、遅くても喜寿祝いの会前日迄には届けるようにするのが礼儀です。

喜寿祝の贈り物・プレゼント

長寿の祝い、喜寿の祝いに特に決まりはないといえます。

喜寿祝いの色は紫ですので、贈り物のどこかに紫を意識してもよいでしょう。

ただ喜寿になったからといって、あまりにも老人扱いされるのは喜ばれないかもしれませんね。

 

喜寿祝いにふさわしいもの、というよりも、本人が望むものや食事などの意見を聞いて準備することが、楽しみになるのではないでしょうか。

 

品物を喜寿祝いに贈る場合、特に指定なく選ぶ場合は、少し若い感覚の明るくお洒落なお祝いが喜ばれると思います。

 

また人生の歴史を振り返り、家族の様々な時代の写真で作ったアルバムのプレゼントも喜ばれる喜寿祝いの一つ。

アルバムに普段会えない親戚からの一言コメントのメモを貼れば、嬉しい贈り物になります。

 

遠方に住む家族がいれば、ビデオレターで近況報告するのもたいへん喜ばれたと聞いたことがあります。

写真を用意すれば、写真集やアルバムを作成してくれるサービスもありますので、当日の記念撮影も含め検討してみては。

 

形式にこだわるより、喜寿を迎えた方の気持ちを尊重し、喜んでもらえるものを選ぶのが喜寿祝いの贈り物、プレゼント選びのポイントです。